「静岡茶いち」お茶.緑茶.日本茶の通販(通信販売)産地直送

ぐり茶の通販(通信販売)産直(産地直送)

「静岡茶いち」お茶.緑茶.日本茶の通販(通信販売)産地直送ぐり茶の産直お茶ギフト「静岡茶いち」急須・茶缶・茶筒「静岡茶いち」ポイント専用商品「静岡茶いち」お買い物案内「静岡茶いち」おいしいお茶の秘密「静岡茶いち」お茶百科「静岡茶いち」
お茶の一覧 | ご注文について | 送料配送 | お支払い | ポイント・割引 | よくあるご質問 | お客様の声 | サイトマップ | 会員ページ

ぐり茶左上
ぐり茶右上

ぐり茶ぐり茶の通信販売

ぐり茶のご注文

ぐり茶・蒸し製玉緑茶


正式には、蒸し製の玉緑茶と言いますが、外観の丸い感じからかぐり茶と呼ばれています。
また、九州では釜炒り製の玉緑茶と区別するため、蒸しぐりとも呼んでいます。

最近では伊豆地方のおみやげとして定着し、伊豆を訪れ飲んだりお買い求めになった方もいるでしょう。

輸出用に開発されたお茶
このぐり茶、元々は、大正末期から昭和初期にソビエトへ輸出するため、中国や九州の釜炒り茶にならって作られたのが始まりとか(玉緑茶という名称も、1932年茶業組合中央会議所の懸賞募集によって付けられた名前です)、その後、北アフリカ、中央アジア等への輸出向けとして作られ続けたお茶が、輸出が衰退すると共に、国内に向けられるようになったものです。

現在、ぐり茶は静岡県と九州各県で生産されていますが、静岡県では一時生産量が10トンと、静岡のお茶の生産量全体の0.02%まで落ち込んでしまいました。
しかし、近年、伊豆の名物として販売され、観光で訪れた人たちにその美味しさが伝わり、平成15年には258トン生産量全体のの0.63%まで生産が増えてきました。

「静岡茶いち」の地元、榛原(はいばら)町でもかなりの量が生産がされており、静岡県東部方面に出荷されています。

製法と味わい
ぐり茶の製法は、煎茶と似ており、蒸して、揉みながら乾燥するのですが、最後の“精揉”と呼ぶ、葉を伸ばす工程を省略し、勾玉のような形に揉み上げるのです。(精揉工程でお茶の苦みが増すといわれています)
当店のぐり茶は深蒸しなので、葉がやや細かいのが特徴です。
また、九州で作られているぐり茶に比べてやや煎茶に近く、よんこん(ヨンコン)とも呼ばれています。

味は、基本的に深蒸し茶に似ていますが、苦みが少なくまろやかです。
リピーターのお客様が多いお茶で、「昔のお茶の味がする」とおっしゃる方もいます。

ぐり茶にお寄せいただいたお客様の声
お茶百科関連項目から

→ぐり茶のおいしい入れ方

関連商品

→牧之原“農家の自家用茶”
静岡・牧之原市のお茶農家が普段飲んでいるお茶を再現しました。


ぐり茶松印の通販

品名 単価/100g 内容量/袋 価格/袋 ↓買い物かごへ
ぐり茶松印100g入 800円 100g 864円
本体800円
ご注文は、注文本数を記入後[追加]を↑クリック

ぐり茶竹印の通販

苦みの少ないマイルドな味が特徴のぐり茶に、甘い香りの火入れをしました。
急須で、深蒸し茶と同じように淹れて下さい。
品名 単価/100g 内容量/袋 価格/袋 ↓買い物かごへ
ぐり茶竹印100g入 500円 100g 540円
本体500円
ご注文は、注文本数を記入後[追加]を↑クリック
→ひとつ前へ戻るぐり茶の産地直送

ぐり茶産地直送


ぐり茶通販用電話FAX →ぐり茶ページ先頭へ
ぐり茶左下 ぐり茶右下

「静岡茶いち」安心通販システム


静岡茶いちトップ | お茶の一覧 | お茶を楽しむ | ギフト | 買い物案内 | 茶いちのこだわり | お茶百科 | ページ先頭